バレエ団の案内

馬場 美智子(Michiko Baba

 

松山バレエ団の松山樹子、清水正夫に師事。

1954年 馬場美智子バレエ研究所を設立。

旧ソ連・レニングラードのワガノワバレエ学校にて教授コースを研修。

また、松山バレエ団の神戸、京都支部で関西専任教師を務める。

1958年〜64年には中国、朝鮮などの海外公演に参加する。

91年ワガノワバレエのリュドミラ・コバリョワを招き「ダイアナ&アクティオン」などを公演、以来毎年、海外から優れたダンサー、振付師を招いて「ジゼル全幕」「くるみ割り人形全幕」「ラ・バヤデール全幕」「ラ・シルフィード全幕」などの全幕公演を続ける。

川西市民オペラでは「フィガロの結婚」「ヘンゼルとグレーテル」「こうもり」「La Favorita」など、劇中でのバレエ部分の振付を担当する。

2005年兵庫県立芸術文化センターのオープニング公演のバレエ・ガラにおいて「白鳥の湖・第2幕」の演出・振付を担当する。

 

(公社)日本バレエ協会関西支部役員

兵庫県洋舞家協会理事

98年 川西市市民文化賞受賞

03年 日本バレエ協会舞踊文化功労賞受賞

09年 兵庫県文化功労賞受賞

こうべ全国洋舞コンクール審査員

Osaka Prix(オオサカプリ)クラシックバレエ・コンクール審査委員